ライフデザインコーチング 

  ~自分を幸せにする人生をデザインする~

コンテンツメニュー

 

 

◆コーチングとは

 

コーチングは目に見えないサービスのため、100%言葉で理解いただくことは

むずかしい部分がありますが、わたしなりの言葉でできる限りわかりやすく

表現してみます。

 

 

<答えはあなたの中にある>

コーチングは、コーチとクライアントが1対1で行うコミュニケーションです。

「コーチ」と聞くと、スポーツのコーチなど「指導者」を思い浮かべる

かもしれませんが、コーチングにおけるコーチは指導者ではありません。

そのため、クライアントに向けてアドバイスをしたりすることはありません。

 

 

それは、コーチングでは「答えはクライアントの中にある」

と考えているからです。自分のことは必ず自分が知っています。

たとえ今は「よくわからない」とぼんやりしていることでも、

コーチはクライアントのなかに答えがあることを信じてかかわっていきます。

【クライアントさんの声】

コーチングを受ける前は、コーチングって「向上」や「成長」を至上命題にして、前向きな解決や考え方しかしてはいけないと無意識に思い込んでいて、ちょっとそれが怖い・嫌だなぁと思っていたのですが、実際にはそうではありませんでした。自分と向き合ってどうしたいかを見つける・決めていく、そのためのヒントをもらったり、いろんな道や選択肢があることを見せてくれるのがコーチングなのかな、と今は思っています。

 

◆コーチングを受けることの意味

そうは言っても、日常を過ごすなかでは自分のことが自分でよくわからないと

いうのも事実よくあること。そして、人には考え方のクセや行動のパターンが

あります。

 

 

たとえば何ごとにおいても「ちゃんとやらないと」と考えてうまくできそう

だと思えるまでなかなか行動に移せない結果、いつまでも行動できないなんて

ことはありませんか。

 

ワークショップを開催することにチャレンジしてみようとしたとします。

アイディアを思いついたときはとてもワクワク。でも、いつ?どこで?

何人くらい?集客はどうするんだろう?内容もきっちりつめて…

と思い始めると、ワクワクはいつの間にか消え、急に義務っぽい感じになる。

 

 

このパターンがあるとやることの意義ややりたい気持ちではなく、

「やり方」にフォーカスがあたり、失敗を恐れ、

気軽にチャレンジしてみることができなくなってしまいます。

 

 

また、こんなことはありませんか?

「自分勝手はいけないから人のことを優先しなきゃ」と考えて

自分の気持ちは脇においてしまう。

 

お友だちと食事や旅行に行くとき。本当は「これがいいな」っていうものが

あっても「なんでもいい」「どっちでもいいよ~」などと譲ってしまう。

 

会議で自分の意見はあるのに、「そろそろまとまりそうなのに今まったく

違うこと言い出しても…」と言わないでおく。すると、納得していないので

実行する段階になってできない、など。こちらのパターンを続けていくと、

自分の気持ちや感情がだんだんとわからなくなってしまいます。

 

 

ちなみにここにあげたものはわたしの過去のパターン。

「失敗」を恐れるあまり小さなことでもチャレンジすることを恐れていたし、

自分のことを人に受け入れてもらえるかが不安で自分の意見をあまり言わない

ようにしていました。そして、こういうクセやパターンがあることに、

わたしは自分で気づいていませんでした。

 

 

コーチングでは、クライアントが毎回自分の話したいテーマに沿って話を

していき、コーチはそれを聴きながら質問をしたり、直感で感じたことを

伝えるやりとりをしていきます。

 

 

そして、コーチは、クライアントが話すことについて、いい・悪いと評価したり

判断したりすることをしないため、クライアントは「否定されることはない」と

心して自分自身のことを話すことができます。

 

口に出して自分のことを話し、それについて質問をされることにより、

自分の内側にある大切なもの・思考のクセ・行動のパターンなど自分の

ことが認識され整理されていきます。そして、整理されたなかから自分が

大切にしたいことをもとに何を行動するかを選択し、行動をしくみ化していきます。

 

このとき、自分の大切なこと、やりたいことにもとづいて決めることがポイントです。

これにより、一歩ずつ自分らしく進めるようになります。

 

コーチはこのプロセスでクライアントと伴走するように一緒にいて、クライアント

のことを勇気づけてもいきます。

日常のなかで自分のことを考える時間はもちろんあると思いますが、

自分ひとりだとぐるぐるして「わかんない、まいっか」となりがち。

コーチという相手がじっくりと心から聴いてくれるからこそ、

自分のことを話したいという気持ちが生まれます。

 

そして、わたしは人のことを「可能性にあふれた願いをもつ存在」

「たりないものは何もなくて必要なものはもう全部もっている存在」だと

考えています。そのように想って話を聴いているからこそ気づくことをお伝えします。

 

自分以外の誰かの視点で自分をみることができることもコーチングをうける大きな意味です。

【クライアントさんの声】

・理論的なことではなく、感覚的なことを体感できる。自分の中にある感覚にどんどん入りこんでいくような体験ができることが印象的です。だからこそいい・悪いで捉えるのではなく、自分がどう思うかを大切にセッションを受けることができます。

 

・最初は自分と向き合う事は辛く、痛みを伴うプロセスでしたが、今は自分の課題を見付け、自分が望む人生に少しでも近づく為に自分は次に何を選択しようか、と探す旅に出ているような気持ちで毎回お話させて頂いております。

 

◆コーチとして大切にしていること

 

●人はかならず願いをもっている、可能性あふれる光のような存在

クライアントやわたしを含めたすべての人が必ず願いをもっています。

そして、可能性にあふれている。わたしにはその願いや可能性が光として

キラキラしていると感じられます。

 

「願いなんてわたしにはない」と思うかもしれません。

でも、子どものころにはやってみたいことやなりたかったものが絶対に

あったはずです。しかし、「失敗するからやめときなさい」「それは大変」

などと言われて「やりたいこと」ではなくて「できること」を選び続けて

きているからそれに気づきづらくなり、そう感じるだけです。

 

ジグソーパズルを思い浮かべてみてください。ジグソーパズルのピースは

ひとつとして同じものはないですよね。形も色もどれも違う。そして、

そのすべてがあって初めて美しい絵が浮かびあがる。

 

人もジグソーパズルのピースのようだとわたしは思います。

それぞれのピースだけが持つ色と形があって、だからこそパズルという

「世界」ができあがる。一人ひとりの人がもつ、願いや可能性があってこそ

世界は美しくなり、それこそが豊かな世界だと思います。

 

人と同じである必要はないんです。人と比べる必要もない。

あなたの願いや可能性を最大限に光らせること。

それをサポートして、生き生きと生きる人が一人でも多くなること。

それがわたしの願いです。

 

 

●どんな状態でもいい 

わたしはずっと自分のことがよくわかりませんでした。

何がすきで何がきらいなのか。本当はどうしたいのか。うっすらは

わかるんです。でも、それを言葉にすることはできませんでした。自

分のことなのに不思議でした。

 

わたし自身も周りの人と自分を比較して「わたしには足りないものが

いっぱいあるな」って、自分に不足しているものを補おうとしてきました。

そうしないとわたしには価値がなくて世の中から受け入れられないと

本当に思っていました。

「わたしは足りない」という不足感が前提にあるのでほめられても

素直に受け入れることができず、よいところを見つけられないでいました。

 

 

コーチングに出会い、わたしはわたしのペースで自分を取り戻していきました。

それは今もなお続く自分へ還る旅のようなものだと感じています。

 

人にはいろんな状態のときがありますが、「どんな状態でもいい」

人生にはいろんなことが起こり、いろんな感情がやってくる。

でも、そのどれもがその人を創っていて、いまにつながっている。

人生にムダなことなどひとつもありません。

 

【クライアントさんの声】

・話す事柄よりもその時々の自分の感情にスポットを当ててもらったように思います。決して否定されることはなく、「あなた自身でいいんだ」と丸ごと受け止められている感じがして安心でした。

 

・私はこれまでの癖で「どうするべきか、どうしないといけないのか」と考えこんでしまうので、そうするといつも「どうしたいの?」と問いかけてくれるのが印象的です。

 

◆コーチングの流れと料金

●流れ

体験セッション

 導入セッション

通常のセッション

 完了セッション

まずは、体験セッション(無料)で、次のようなことを感じてみてください。

 ●コーチングとは自分にとってどんな感覚のものなのか

 ●水田真由美がどんな人なのか

その後、継続的にコーチングを受けるかどうかをご判断いただきます。

初回のみ実施するオリエンテーションのセッションです。

 ●2~2.5時間程度

 ●導入セッションは基本的に対面で実施します。ご遠方などの場合は

  個別に相談させていただきます。

2週間に1回のペースで、セッションを実施します。

 ●1回の時間は60分

 ●実施方法は、対面もしくはSkype(音声のみ)

  ※現在は新規でお申し込みの場合は、Skypeセッションのみ

          

       

コーチング関係の完了時に、これまでの歩みを振り返るセッションを実施し、関係を閉じていきます。

※コーチング契約の期間について

コーチングはコーチとクライアントの関係性が創られることでその効果が

発揮されるため、3か月間は継続して受けていただくようにしております。

(その後の継続については、3か月経過した時点で確認をいたします。)

 

※対面セッションとSkypeセッションの違いについて

「対面セッションのほうがコーチングの効果が高いのではないか」とご質問を

いただくことがありますが、コーチはトレーニングを重ねているため、方法の違い

による効果の違いはありません。クライアントさん側ではそれぞれにメリットが

あります。以下をぜひご参考にしてみてください。

 

  【対面セッションの場合】

   ・直接会うことで安心感がある。

   ・セッションの場所に出向くことで、それまでの時間と切り替えをしてセッションに集中できる

 

  【Skypeセッションの場合】

   ・ご自分のお部屋などで、リラックスして受けることができる

   ・周囲のことが気にならず、集中して受けることができる。

   ・セッション前後の移動時間の必要がない

 

 

●料金 ※ 2016年3月より料金改定いたしました

【導入セッション(初回のみ)】

 20000円

 

【継続セッション】

●対面セッション  40000円/月

●Skypeセッション  30000円/月 月)

 

 

※料金は、前月末に翌月分を振込にてお支払いただきます。

(振込にかかる手数料は、クライアント様にご負担いただきます。)

 

◆クライアントさんの声

◆30代女性/営業企画

1.コーチングを受けたきっかけはなんですか?

年齢的にちょうど30代を迎え、また仕事の内容が変わって、改めて自分のことを

もっとよく知って、これからの生き方を考えてみたいな、と漠然と思っていました。
それと、始める少し前から友人がコーチになりたいと言っていて、

コーチングにちょっと興味が湧いていた時に、水田さんに受けてみない?と

声をかけていただいたことがきっかけです。
(マイコーチの水田さんと友人はまったく別の人で特に関連もなかったのですが、

何かとても自然な流れで興味が湧いたり、そういう機会がやってきたな、という気がしています。)

 

 

2.コーチングを受けて印象に残ったことは何ですか?

・コーチングを受ける前は、コーチングって「向上」や「成長」を至上命題にして、

前向きな解決や考え方しかしてはいけないと無意識に思い込んでいて、

ちょっとそれが怖い・嫌だなあと思っていたのですが、実際にはそうではなかったです。
自分と向き合ってどうしたいかを見つける・決めていく、そのためのヒントをもらったり、

いろんな道や選択肢があることを見せてくれるのがコーチングなのかな、と今は思っています。

 

・私はこれまでの癖で、「どうするべきか、どうしないといけないか」と考えこんで

しまうので、そうするといつも「どうしたいの?」と問いかけてくれるのが印象的です。

 

 

3.コーチングを受けたことでどんな変化がありましたか?

・自分を卑下したり、虚勢をはることがとても少なくなりました。

今でも時々そうなってしまうことがありますが、格段に減ったな、と思います。

 

ガチガチに固めていたまわり(世界)との境界線がふわ~と緩んで、

自分の心が開かれているような気がします。それはコーチングを通して、

自分自身を認めてあげることができるようになったからなのかな、と思います。

 

・仕事においても私生活においても、悩むことが減ったというか、

自分をいつまでもくよくよ責めたりすることがなくなりました。

また、人を責める気持ちになることも減った気がします。

自分自身を認められるようになったと同時に、人のことも認めるというか、

受け入れられるようになったのかなと思います。

 

・いやなこと、理解できないことがあっても、「人」(その人自身)と「こと」

(その人がやっていること)を切り離して考えられるようになってきていると思います。

 

 

4.コーチングを受けることを検討しているかたへひと言!

もし、迷ってどうしてもふんぎりがつかない、というときは無理に始めなくても

いいのかなと思います。でも、なんとなく、迷っている、というかたにはぜひ

扉を開けてみてほしいな、と思います!迷っている=興味が少しでもある、

ということだと思います。私も、なんとくやってみようかな、と思って始めた感じですが、

本当に始めてよかったな、と思います。

 

 

◆20代女性/人事 

1.コーチングを受けたきっかけはなんですか?

上司からの贈りものとして機会をいただきました。

 

以前は自分と向き合う時間をよくとっていましたが、パートナーが出来てからは

その時間を取る事をしなくなってしまっていて、そんな自分に違和感を感じながらも、

ずっとそのままで数年過ごしてしまいました。自分の時間を大切に出来なくなっていました。

 

最初にまゆみさんとコーチングをさせて頂くようになった時は、その時間を

どう使うか自分で考えるという姿勢が足りていませんでした。自分で選択しているのに、

どこか他人事のような自分がいました。

3か月間で最後のコーチングが終わり、数か月間あきましたが、その中で、

様々な人との関わりを経て改めて自分自身で依頼をさせて頂く事を決断したのですが、

その時には自分で時間、お金をどう、何のために使いたいのかと自問自答をしながら、

自分で選択をするという事が出来ました。

そして、とても良い決断が出来たと思っていますし、まゆみさんというコーチとの

出会いを頂けて、改めて上司に心から感謝しています。

 

 

2.コーチングを受けて印象に残ったことは何ですか?

・人づきあいが苦手なので、コーチとの付き合い方に不安を感じていましたが、

自分でもびっくりする程自然な関係性をつくれている事に驚いています。

 

・ただただ話を聞いてもらえるという贅沢な時間に最初は躊躇していましたが、

今は有難く自分へのご褒美のように時間を使わせて頂いています。

 

・これを言うとこう思われるかもしれないと感じて、周りの人に言う事を

躊躇するような事を伝えても、評価せず、ありのままの自分を受け止めてもらえた事で

とても楽な気持ちになれました。

 

 

3.コーチングを受けたことでどんな変化がありましたか?

・普段は自分で決めても、忘れてしまったり、やらずに終わる事も多いですが、

コーチングで決めた事は忘れず毎日意識し、日々の中で小さな挑戦が出来るようになりました。

 

・行動目標を決めて上手く出来なかった事に対して、以前は出来ない自分を駄目だと

責めるだけでしたが、何が原因なのか?次はどうするべきか?という思考方法が

出来るようになりました。

 

・考えない事で見えなくなっていた自分の思いや大切なものを思い出す事ができ、

戻れる場所としてもつ事が出来るようになりました。

 

・相手をありのまま受け止める事の大切さを毎回感じるので、自分自身も人に対して

そうありたいと感じます。(出来ない事もかなり多いですが)

 

私は周りにいる大切な人たちの時間を大切にする事が出来ないと感じていました。

それは、何よりも私は私自身の時間、生活、人生を大切に出来ていないからではないか

と考えるようになったからでした。今は自分の時間を大切にし、自分の為に使う事にも

楽しさと喜びを感じれるようになり、不安などの気持ちから変に相手に依存する事が

少なくなりました。

 

まゆみさんに私という人間をありのまま認めてもらい、受け止めてもらえる安心感を

感じる度に私も周りに対してそうありたいと感じる事が出来ます。

最初は自分と向き合う事は辛く、痛みを伴うプロセスでしたが、今は自分の課題を見つけ、

自分が望む人生に少しでも近づく為に自分は次に何を選択しようかと、

探す旅に出ているような気持ちで毎回お話させて頂いております。

 

 

4.コーチングを受けることを検討しているかたへひと言!

忙しい日常の中で自分自身だけでは立ち止まって考える事が難しいともし感じているなら、

コーチングはとても良い立ち止まる時間になると思います。

もし少しでも興味があれば、ご自身に合うかどうかまずは一度体験してみる事をお勧めします。

 

 

◆30代女性/人材関連

1.コーチングを受けたきっかけはなんですか?

コーチングを受けていた友人から、「コーチングすごく合うと思うよ!」

と言われたのがきっかけで、「コーチングとはなんぞや?」と思ったのが

コーチングとの初めての出会いです。それからインターネットや本で調べて、

受けてみたいな~となんとなく思って6年以上経過していたところ、

まゆみんさんをご紹介いただき、「今だ!」と思って始めました。

 

 

2.コーチングを受けて印象に残ったことは何ですか?

理論的なことではなく、感覚的なことを体感できること。

自分の中にある感覚にどんどん入りこんでいくような体験ができることが、

とても印象的です。また、だからこそ良い・悪いで捉えるのではなくて、

自分がどう思うかを大切にセッションを受けることができます。

 

 

3.コーチングを受けたことでどんな変化がありましたか?

以前は自分の考え方の癖に自信が持てず、人の意見ばかり気にしがちでした。

今はそれも受け止めた上で、もっと素直に自分の感情を味わい、

表現することができるようになりました。

 

 

4.コーチングを受けることを検討しているかたへひと言!

迷っている時点で、コーチングが気になっているはずです!

私も「今だ!」と思えたタイミングが何なのかわからないところもあるけれど(笑)

一度体験してみて自分に合うのか、コーチングの感覚を味わうのが一番だと思います。

 

◆50代女性/一般事務

1.コーチングを受けたきっかけはなんですか?

社内研修でコーチングに触れあう機会があり、人の成長を応援できる関わり方に

興味をもち、自分も学んでいました。
  
「誰かの役に立ちたい」「頑張る人の力になりたい」と願う私にとって、

コーチングの世界はまさに私の求めていたものでした。

けれど、他者の成長を願って伴走することの難しいこと。

100%サポートするというのは、言葉で言うほど易しいことではありませんでした。

 

セミナーの中では自分のパターンをよく見ました。うまくやろうとして

正しい型を探してクライアントの話を聴いていなかったり、

自分の考えを相手に押し付けてコントロールしようとしたり。

 

好きで始めたことなのに、ちっともうまくいかず、嫌気もさしていたころ、

同じように学んでいたまゆみさんから私のコーチングを受けてみない?と誘われました。

 

 

2.コーチングを受けて印象に残ったことは何ですか?

事柄よりもその時々の自身の感情にスポットを当ててもらったように思います。
決して否定されることはなく、「あなた自身でいていいんだ」と

丸ごと受け止められている感じがして安心でした。

 

最初は気軽な気持ちでクライアントになったのですが、

一番最初にまゆみさんのコーチングを受けて、びっくり。私のコーチングとは違って、

「何でもあり」だったからです。

 

セミナーで習った「型」なんて微塵も感じさせない自然体で、

私の話に耳を傾けてくれました。途中で話を中断されることもなく、

ただただ、私の話を聞いてくれました。

 

セッションでは、自分の思いが毎回溢れて、いつも涙を流してグシャグシャでした(笑)。

まゆみさんはいつもニコニコして、一緒にいてくれました。不思議といやな感情はなく、

ああ、自分は今悲しいんだな、このことに怒っていたんだな、これが好きなんだな、

今、嬉しいんだな、と感じることが面白いのです。1時間足らずの間に起こる感情を

ただただ手放していきました。その感情の一つ一つを目の前に置いて、

じっくりと追体験していくと、過去にこだわっていた苦しい感情が溶けていくのを

感じたりもしました。

 

死期の近い父に寄り添えない自分をひどくせめていた時期のことです。父が不憫で

辛い日々でした。様々な状況下でがんじがらめになっている自分も感じました。
そんな中、「お父さんにもお父さんの人生があるように、あなたにもあなたの

人生があるよね」と静かなまゆみさんの一言で、はっと気づいた私。

自分の人生を生きていいんだ、とはっきり確信しました。
その時は涙があふれてしばらく止まりませんでした。


その後は、自分自身の気持ちに素直になろうと決めました。父には自分の思いを

自分なりの言葉で伝えるように努めました。父の望みをかなえてあげられないこと、

そのことを申し訳なく思っていること、父をいつも気にかけている、父のことを

大切に思っていること。

 

ここで、私が学んだことは、自分の思いや気持ち(たとえマイナスな感情であっても)

を言葉に載せて伝えていい、ということでした。父との距離が少し縮んだように

感じます。残念ながら、父は今年の春に他界しました。どれだけの思いを伝えられたか

わかりませんが、まゆみさんのあの一言は、私が私でいていいと、力強く背中を押してくれ、

私の生き方に大きなインパクトを与えてくれました。

まゆみさんのセッションは一生忘れないと思います。

 

 

3.コーチングを受けたことでどんな変化がありましたか?

私の会社では、次年度の組織人事に公募制が採用されています。この公募に

「リーダー研修」の専門職のポストがありました。コーチングを始めるきっかけにも

なった研修企画業務のポストだったので是非と思いましたが、専門職として1名の枠、

さらには相当の企画力を求められるため、ハードワークが予想されました。

悩みました。できるのかどうか、不安でした。

 

そんななか、いつものようにセッションは流れ、エントリーしてみては?

と真由美さんの一言。不覚にもうんと約束をしてしまいました。

その後も迷い迷って、公募先の部長へ勇気を出してアポをとり話を伺い、

エントリーシートを完成させ、それでも心配でどうしようかと一歩を踏み出せないで

いましたが、最後は「えいっ」と心を決めて、送信ボタンを押しました。
やってしまったという困惑と、なぜかスッキリ感に満たされ、不思議な気持ちでした。
そして、エントリーが締切時間ぎりだったため、その日のうちに不採用通知がきました。

拍子抜けしました。

 

まゆみさんから、やってみてどうだった?と聞かれて、正直に伝えたところ、

「すごいよね、一歩踏み出したことが素晴らしいよね。そうやって人は自分で

自分を成長させていくし、そういう節目に立ち会えるのは本当にうれしい」

と言ってくれました。
不安だったけれど、その仕事をやりたかったのは私。不安だったけれど、

それを乗り越えたのも私。その私の思いに気づいて、信じて背中を押してくれたから、

得られた達成感や安堵感だと思います。まゆみさんには、言葉で言い表せないほど、

感謝しています。ありがとう。
 

 

4.コーチングを受けることを検討しているかたへひと言!

どんなものか、ぜひ試してみてください。ある程度の期間を継続しないと

「よさ」を実感しにくいかもしれません。興味があるかたは、

コーチングそのものを学ぶこともお勧めです。コーチになったり、クライアントに

なったりすることで学びが深く、広くなるように思います。

 

Copyright © 2014Mizuta Mayumi All Rights Reserved.

  • Facebookの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円